女子体育基本文献集 第1巻~第10巻

女子体育基本文献集

Add: kaguhu90 - Date: 2020-12-08 13:17:01 - Views: 2257 - Clicks: 4364

・「日本女子オリムピック年鑑(第一年)」『女子体育基本文献集 第12巻』大空社 1995【780. 女子体育基本文献集: 著者標目: 雑賀, 三省: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 大空社: 出版年月日等: 1995. Joshi taiiku kihon bunkenshu: 巻冊次: 第1巻: 出版元: 大空社: 刊行年月: 1994. 国立国会図書館のサービス Online Services at the NDL. 江戸期以前の封建社会のもとでは、女性に学問は必要なく、家を守っていればよいと考えられていたため、女子に対する教育といえば寺子屋などでの初歩 的なものに限られていました。しかし明治期に入り文明開化の波が押し寄せると、徐々にではありますが、女子に対する教育が広まっていき、紆余曲折を経なが らも大正末期には30万人近くが高等女学校に通うようになります。その間、目新しい存在であった女学生は、まだまだ封建主義の色濃かった世間の好奇の目に さらされながらも、社会の変動とともにそのスタイルを変化させていきました。 ◆男袴を履いた女学生 明治に入ると、明治3年(1870)に築地のA六番女学校(後の女子学院)、横浜のフェリス女学校など外国人居留地にキリスト教宣教師によるミッション系 女学校の設立が相次ぎ、それを追うように翌4年(1871)には政府も官立女学校を東京竹橋に設立し、女子教育の黎明を迎えます。この頃はまだ日本語によ る教育内容が確立されておらず、英語の教科書を訳読するようないわゆる「洋学」が授業の中心でした。また、椅子に座って授業を受ける際、着流しの着物では 裾が乱れやすいという問題があることから、政府はこの時代としては例外的に男袴の着用を女学生に認めました。 ◆鹿鳴館時代 条約改正の為の欧化主義により、明治16年(1883)に鹿鳴館が落成するという時代背景のもと、明治18年(1885)に大臣に就任した森有礼に よる文部行政では、欧化主義が教育にも影響を与えました。華族女学校や、東京女子師範など一部の官立女学校では洋装が義務付けられ、舞踊が授業科目に取り 入れられました。この頃盛んに催された舞踏会では、既婚女性は表に出ないという慣習から若い女性の踊り手不足が生じ、それを解消する為に、洋装で着飾った 女学生が借り出されることもしばしばでした。 2. 『体操通俗講話』〈二階堂トクヨ著、 大正6年・ 東京宝文館刊の 復刻版〉『女子体育基本文献集』(片岡康子・輿水はる海・掛水通子監修、第1期10巻・1994年刊・a5判・isbn・135,922円+税)のうち第7巻所収(分売不可).

12 形態: 37冊 ; 22cm 著者名:. 日本体育基本文献集 : 大正昭和戦前期: Subject: スポーツ.体育: Notes: 第1期配本(6巻)1巻-6巻 第2期配本(6巻)7巻-12巻 第3期配本(6巻)13巻-18巻 第4期配本(6巻)19巻-24巻 第5期配本(7巻)25巻-31巻 第6期配本(6巻)32巻-36巻, 別巻・解説: Reading of Title:. 第33巻』( 日本図書センター 、1998/12、1931年一成社刊『ゴールに入る』を所収、ISBN) 『女子スポーツを語る 女性のみた近代 (006)』( ゆまに書房 、/7、1931年人文書房刊『女子スポーツを語る』の復刻. 8/4n/12】 ※「凡例」に、「本巻は中央運動社編『大正十三年度 日本女子オリムピック年鑑(第一年)』(中央運動社発行、大正13年)の、本扉から奥付(奥付広告. 第33巻』( 日本図書センター 、1998/12、1931年一成社刊『ゴールに入る』を所収、 ISBN) 『女子スポーツを語る 女性のみた近代 (006)』( ゆまに書房 、/7、1931年人文書房刊『女子スポーツを語る』の復刻. 1: ページ数: 320p: 大きさ: 22cm: 一般.

本・情報誌『日本体育基本文献集 第7巻~第12巻』のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。おすすめ・ランキング情報も充実。TSUTAYAのサイトで、レンタルも購入もできます。出版社:日本図書センター. 5【YA5-1067】) <拡大画像> お茶の水附属女子高等学校卒業生の田村富美子(写真右)は「庭球界の女王」と呼ばれ、当時の女学生の憧れの存在でした。写真は、大正12年(1923)東京府立第二高等女学校で開催された女子庭球練習大会に参加したときのもの。 運動会や修学旅行といった今では当たり前の学校行事も、明治・大正期には目新. 最新女子陸上競技法 寺田瑛著. 『日本体育基本文献集 : 大正・昭和戦前期. See full list on rnavi.

女子体育基本文献集 ; 第11巻 書誌id: bnisbn:. 編:池田祥子・友松諦道 6,000円+税 年11月刊: 戦後保育50年史 第3巻 保育者と保育者養成. 女子体育基本文献集(第11巻~第22巻,別巻) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 女学生が世に登場して以来、「海老茶式部」や「堕落女学生」、「ハイカラ」といったさまざまなイメージが女学生を取り囲みました。しかし、そうした 世間のイメージの一方で、実際の女学生はどのような学校生活を送っていたのでしょうか?この章では、明治から昭和初期の女学生が過ごした学校生活の様子を 垣間見ていきたいと思います。 女学生たちは学校でどんなことを学んでいたのでしょうか? 明治32年(1899)の高等女学校令は、「女子ニ須要ナル高等普通教育」を行なうことを高等女学校の目的として定め、その具体的な教育内容として、修 身、国語、外国語、歴史、地理、数学、理科、家事、裁縫、図画、音楽、体操の12科目が規定されました。また、このほかに「随意科目」として、教育、手芸 が加わることもありました。なお、高等女学校と同じ中等教育機関である旧制中学校の学科には、家事、裁縫は含まれず、男女の教育内容には違いがありまし た。 ◆良妻賢母主義 女学校教育では「賢母良妻タラシムルノ素養」、「優美高尚ノ気風、温良貞淑ノ資性」の涵養が目標として掲げられ、良妻賢母主義が、家事、裁縫などの科目に色濃く反映されていました。 ◆女子体育 女学校では、1週間に2時間〜3時間の体操が必修とされました。しかし、過度の運動はかよわくたおやかな伝統的な女性美を損なうのではないかという否定的 な意見が根強かったため、男子体育に比して、女子体育が定着するまでには時間がかかりました。一方の女子体育肯定派の主張も、欧米列強に対抗しうる頑強な 子どもを生む「母性」の育成という観点から形成され、「女性性」が強く意識されたものでした。 その後、体操服の改良と普及が進み、はつらつと運動する少女たちの姿が浸透すると、大正10年代には女子体育ブームが起こり、スポーツ少女が女学生の憧れの的となりました。 「番外として、硬球模範試合に出場された田村富美子、山田澄子嬢」 (女学世界 24(2) 大正13年2月 p. 人見絹枝著 大空社 1995. 節用集大系 第3期(全20巻) - 大空社 節用集大系女子体育基本文献集 第1期(全10巻) 片岡康子・輿水はる海・掛水通子監 大空社 女子体育基本文献集江戸時代女性文庫 33 天野晴子解題 大空社 江戸時代女性文庫.

日本体育基本文献集―大正・昭和戦前期 第1巻 大熊 廣明 amazonで手軽に購入 amazonなら全品通常配送料が無料 日本体育基本文献集―大正・昭和戦前期-第7巻-大熊-廣明 日本体育基本文献集―大正・昭和戦前期-第10巻-大熊-廣明. 人見 絹枝(ひとみ きぬえ、1907年(明治40年)1月1日 - 1931年(昭和6年)8月2日)は、岡山県 御津郡(現:岡山市 南区)出身の陸上競技選手、ジャーナリスト。日本人女性初のオリンピックメダリスト。100m、200m、走幅跳の元世界記録保持者。. ゴールに入る / 人見絹枝著. 女子体育基本文献集 第1期 全10巻の商品レビューです。本・コミックならセブンネットショッピング。 グループ総合サイト「オムニ7」会員になるとセブン-イレブンで商品受取可能。.

1 女子体育基本文献集 第11巻. 節用集大系 第4期(全20巻) - 大空社 節用集大系女子体育基本文献集 第2期(全12巻・別巻1) 片岡康子・輿水はる海・掛水通子監 大空社 女子体育基本文献集江戸時代女性文庫 34 片倉比佐子解題 大空社 江戸時代女性文庫. お茶の水女子大学百年史 / 「お茶の水女子大学百年史」刊行委員会編 東京 : 「お茶の水女子大学百年史」刊行委員会, 1984 【FB22-1623】 東京女子師範学校生徒の正装写真。明治10年(1877)頃は男袴を着用していたのが、明治16年(1883)には着流しに戻り、さらに明治19年(1886)には洋装となっており、慌しい時代の変化を窺うことができます。 A.東京女子高等師範学校沿革略志 / 東京女子高等師範学校編 東. 日本体育基本文献集 : 大正昭和戦前期: 主題: スポーツ.体育: 注記: 第1期配本(6巻)1巻-6巻 第2期配本(6巻)7巻-12巻 第3期配本(6巻)13巻-18巻 第4期配本(6巻)19巻-24巻 第5期配本(7巻)25巻-31巻 第6期配本(6巻)32巻-36巻, 別巻・解説: タイトルのヨミ、その他のヨミ:. 高等女学校への進学率が上昇し始める明治43年(1910)ごろから次第に形成され、大正半ばから昭和10年代前半(1920〜30年代)にかけて 花開いたいわゆる「女学生文化」。12〜17歳の女学生たちには、可憐でロマンティックなものが好まれ流行しました。大正から昭和の初め、女学生文化が最 も華やいでいた当時の彼女たちが愛したものを、当館の所蔵資料からご紹介します。 『少女界』(1902)、『少女世界』(1906)、『少女の友』(1908)、『少女画報』(1911)、『少女倶楽部』(1923)と相次いで 少女向け雑誌が創刊され、女学生の必需品といわれるまでに愛読されました。情報源の少なかった当時、様々なブームがこれら少女雑誌から生み出されます。美 しいカラーイラストや人気作家の少女小説に読者は夢中になり、掲示板コーナーや読者集会では読者同士の交流が深められました。投稿欄へ投稿した小説やイラ ストなどの作品が認められ、デビューすることもありました。 出版界で広く活躍した布川角左衛門氏()が収集した約25,000点の出版関係コレクションで、雑誌や新聞の創刊号も含んでいま す。東京本館人文総合情報室でご利用いただくことができます。所蔵情報は、室内備え付けの「布川文庫閲覧用リスト」でご確認ください。NDL-OPACで は検索できませんのでご注意ください。資料の請求は16時までで閲覧許可申請が必要です。 M. 1: 大きさ、容量等: 250p ; 22cm: 注記 監修: 片岡康子ほか 注記 広文堂書店大正13年刊の複製 注記 参考書: p239 ISBN(set): JP番号:. 日本図書センター社 日本体育基本文献集(第25巻〜第31巻)日本体育基本文献集(第25巻〜第31巻) 最安値 ¥115,500日本体育基本文献集 第32巻~第36巻,別巻: 女子体育基本文献集 第1巻~第10巻 紀伊國屋書店社会・生涯教育文献集 1~10,別冊: 紀伊國屋書店日本禁煙学会雑誌 年2月号 第4巻第1号詳細】女性・社会・教育発達臨床.

女子体育基本文献集 第20巻 三浦, ひろ,. 1%注3となっています。 ※下記の文部科学省のページで、明治から昭和にかけての学制の変遷を図で見ることができます。 『学制百年史 資料編』 三 学校系統図 注1)大正4年(1915)の中等教育機関(旧制中学校、高等女学校、その他学校含む)への進学率は、男子10. 21世紀の体育・スポーツを展望するための重要文献を網羅する 『日本体育基本文献集 第6回配本 第32巻~第36巻・別巻』 全5巻・別1 本体106,000円 学校衛生、その他についての文献を収録。 『日本体育基本文献集』大正・昭和戦前期 全36巻・別巻1. 女子体育基本文献集 第1巻 全集叢書の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 日本体育基本文献集―大正・昭和戦前期 (第25巻) シェイクスピア研究資料集成 第11巻~第16巻 ; 内務省警察統計報告 (第1巻) キリスト教新聞記事総覧 (第2巻) キリスト教新聞記事総覧 (第5巻) 内務省新聞記事差止資料集成 (第1巻) (国際検察局押収重要文書 (3)) 世界の運動界 / 岡部平太著 (日本体育基本文献集 : 大正・昭和戦前期 ; 第33巻) 東京: 日本図書センター: 1998: はやての女性ランナー : 人見絹枝讃歌: 三澤光男著: 東京: 不昧堂出版: : 人見絹枝 : 生誕100年記念誌: 永島惇正編: 東京. 以下のリンクボタンから国立国会図書館サーチで検索ができます。 You can search NDL bibliographic records for the following headings:.

1: ページ数: 321p: 大きさ: 22cm: NCID: BN※クリックでCiNii Booksを表示: 全国書誌番号. 日本体育基本文献集 : 大正昭和戦前期: 主題: スポーツ.体育: 注記: 監修: 成田十次郎 第1期配本(6巻): 1巻-6巻 第2期配本(6巻): 7巻-12巻 第3期配本(6巻): 13巻-18巻 第4期配本(6巻): 19巻-24巻 第5期配本(7巻): 25巻-31巻 第6期配本(6巻): 32巻-36巻, 別巻・解説. 女子体育基本文献集(第1巻~第10巻) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

女子体育基本文献集、第18巻、大空社、1995 (平成7)年1月復刻。女子体育基本文献集は明 治・大正・昭和戦前期の重要な女子体育書32冊 女子体育基本文献集 第1巻~第10巻 を22巻にまとめ、片岡康子、輿水はる海、掛水 通子が選定し復刻した。別巻解説書「女子体育. 第1巻 高名大家 女子教育纂論 (辻岡文助 編、明治21年・金松堂) 解説=中嶌 邦(日本女子大学名誉教授) 女子ノ教育(矢田部良吉) 女子教育論(外山正一) 女子ノ教育(宇川盛三郎) 女子教育論(杉浦重剛) 女子ノ体育(桜井錠二). スポーツ.体育: 注記: 第1期配本(6巻)1巻-6巻 第2期配本(6巻)7巻-12巻 第3期配本(6巻)13巻-18巻 第4期配本(6巻)19巻-24巻 第5期配本(7巻)25巻-31巻 第6期配本(6巻)32巻-36巻, 解説: 登録日:: 著者名ヨミ: オオクマ, ヒロアキ ノムラ, ヨシカズ. 第13巻 上野図書館目録 成城法学 教養論集, (10) (生没年). 編:水野浩志・久保いと・民秋言 6,000円+税 年10月刊: 戦後保育50年史 第2巻 保育内容と方法の研究. 女子体育基本文献集: 著作者等: 三浦 ひろ: 書名ヨミ: ジョシ タイイク キホン ブンケンシュウ: 書名別名: 女性体育とダンス: 巻冊次: 第20巻: 出版元: 大空社: 刊行年月: 1995. 女子の運動競技.

日本体育基本文献集 : 大正・昭和戦前期 フォーマット: 図書 責任表示: 大熊廣明, 野村良和編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本図書センター, 1997. 女子体育基本文献集 第20巻 女性体育とダンス: タイトルヨミ: ジョシ タイイク キホン ブンケンシュウ ジョセイ タイイク ト ダンス: 巻次: 第20巻: 各巻書名: 女性体育とダンス: 各巻の責任表示: 三浦/ヒロ∥著: 出版地: 東京: 出版者: 大空社: 出版年月: 1995. 女子体育基本文献集 第21巻 女子体育: タイトルヨミ: ジョシ タイイク キホン ブンケンシュウ ジョシ タイイク: 巻次: 第21巻: 各巻書名: 女子体育: 各巻の責任表示: 佐々木/等∥著: 出版地: 東京: 出版者: 大空社: 出版年月: 1995. 6: ページ数: 1冊: 大きさ: 22cm: 全国書誌番号:※クリックで国立国会図書館サーチを表示. 女子体育基本文献集 第1・2期(全22巻+別巻) 大空社出版: 281,553 戦後体育基本資料集 第1・2・3期(全44巻+別巻) 大空社出版: 388,350 社会体育スポーツ基本史料集成 第1・2期(全20巻+別冊) 大空社出版: 228,155 運動界 (全33巻+別冊1冊) 大空社出版: 54,000 日本の. 雑誌目次 (少女の友 20巻6号 昭和2年6月号 【Z32-412】) 多くの少女雑誌が発売される中、二大人気雑誌は『少女倶楽部』と『少女の友』でした。発行部数で群を抜いていた『少女倶楽部』は、主に小学校高学年から女 学校低学年を対象とし、地方の女学生が多く購読しました。少女小説や童話の他、受験の心得や時代物など内容は多彩でした。一方『少女の友』は、女学校高学 年までを視野に入れ、同じ少女小説でもよりロマンティックなものを掲載し、少女歌劇の特集をするなど、抒情性豊かで繊細な誌面構成となっており、都市部の 女学生に強い支持を受けました。 ※国際子ども図書館所蔵資料です。 女学生には読書好きが多く、さまざまなジャンルの作品が読まれましたが、女学生特有のものといえば、少女向けに書かれたいわゆる少女小説です。女学 生同士の友情を優美に描いたもの、少女の成長を明. 女子体育 文部省編纂 (女子体育基本文献集, 第10巻) 大空社, 1994.

自転車に乗る女学生 『新版引札見本帖.第1』〔明治36(1903)〕【406-5】(資料D)より 「女学生」。この言葉は明治初年頃に生まれ、20年代以降、一種の都市風俗を表すものとして定着したとされています。文明開化の息吹のなか、新たな 女性像のひとつとして登場した女学生は、教養ある女性層を代表する存在でした。時代風俗の象徴のひとつとして世間の注目を集め、時に憧れの対象、時に風刺 の的ともなった彼女たちの姿は、新聞や雑誌、文学作品などさまざまな資料に見ることができます。 女学生の登場にはいうまでもなく、近代的女子教育の導入が必要でした。江戸時代には、女子に対する教育の場はきわめて限定されていましたが、明治に 入ると、フェリス女学校などの私立女学校や官立女学校といった女学校の設立が相次ぎます。明治32年(1899)、高等女学校令によって高等女学校の設置 が制度化されると、女学生の数は1万人を超えるようになりました。そして、進学率が大きな伸びを見せた大正〜昭和期には、女学生独自の文化が生まれまし た。 第148回常設展示では、そうした明治〜昭和初期にかけての女学生をテーマとして取り上げます。 今回ご紹介する「女学生」とは、明治から昭和初期にかけて設置されていた高等女学校に通う12〜17歳の少女を主に指しています。当時の学校制度は 現在と異なり、義務教育は6年間で、その後の進路は学力や親の経済力、男女の違いによって様々にわかれました。学制は時代によって変化しますが、高等女学 校数が増え進学率注1が上昇し始めた大正半ばを例に挙げると、尋常小学校での義務教育を終えたのち、成績優秀な男子は中学校(旧制)へ進み、専門学校へ進学したり、高等学校(旧制)等を経て大学を目指したりしました注2。一方、成績優秀な女子は中学校(旧制)に相当する高等女学校へ進学しました。卒業後更に進学することは少なく、大正9年度本科卒業生の進路は、進学:23. 出典 Sources 女子体育基本文献集. 女子体育基本文献集 第12巻 日本女子オリムピック年鑑/中央運動社(スポーツ)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。.

女子体育基本文献集 第1巻~第10巻

email: hesym@gmail.com - phone:(197) 593-8342 x 3962

新訳『五輪書』 - 宮本武蔵 - 後藤和信 伝統彩色法による日本画の塗り絵

-> ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! - アードマン・アニメーション
-> これからはじめるExcel関数の本 - 門脇香奈子

女子体育基本文献集 第1巻~第10巻 - 虫喰い問題による実力度チェック 介護支援専門員試験研究会 ケアマネジャー試験


Sitemap 1

めざせ!!ごみのない地球 - 東京商工会議所 環境社会検定試験eco検定公式テキスト